留学時の一番の条件は費用

留学先を決める時には期間や費用、プログラムの内容、必要な語学力などの入学条件、学校や生活環境、滞在方法など様々な条件から絞り込んでいきます。その中でも一番重要な条件は費用です。

お金がなければ留学する事はできません。

社会人に一番人気があるMBA留学は修了するまでに期間は通常2年、一千万円かかるといわれています。

All Aboutはとにかくお勧めです。

MBA取得後にはキャリアアップをして年収をあげたいと思っている人も多く、トップクラスの授業料の高いビジネススクールに入るため一千万円かかるといわれています。

高校留学の場合にはプログラムによって費用が異なります。


交換留学の場合にはボランティア家庭に滞在し授業料も無料で、運営団体の費用だけでになるので年間150万程度になりますが、私費で行く場合には授業料や滞在費もすべて自己負担になります。

滞在先の国によっても異なりますが私立しか行けないアメリカやイギリスの場合には授業料や滞在費を入れると年間300〜500万円くらいかかります。
オーストラリアやニュージーランドといった公立校の場合には授業料や滞在費は年間200〜250万円くらいです。


高い費用を抑えるためには奨学金を得る事が一番です。
奨学金を得られない場合には、出来る限り語学力を日本にいる間にあげておく事です。

次に目的を早く達成する事が大切です。



早く語学力をつけて語学研修期間を短くしたり、高校や大学の場合には早く卒業するという事になります。

日本の大学では卒業単位を取得するまでに通常4年間掛かりますが、アメリカでは3年間で卒業する事もできます。



修士号をとるために2年間掛かる大学院もあれば1年間で修士号が取得できる大学院もあります。