留学で日本食が恋しくなってしまう

留学先のご飯は国によって違いがありますが、食生活が合わないことがあります。

例えばアメリカには留学をしたとします。

Girls Channelの口コミ情報を参考にしよう。

肥満大国アメリカの食生活は凄まじい物で、バケツ一杯の高カロリーのアイスクリームに分厚い赤みのステーキ肉とチーズがたっぷりの大きなピザが主食となっています。
日本に居た時は取ることもなかった大量の脂身と糖分に胃もたれを起こしてしまいます。


日本人にはあまり縁のない食生活ばかりだと日本食がとても恋しくなります。
留学生活であるので、プライベートにお金を使いたいので、食事は安くて大量の食事で済ませてしまいます。

毎日日本食を食べることはお金の都合上困難ではありますが、週に一度ぐらいは日本食を食べて、故郷の事を思い出し、鋭気を養えばなりません。まずは日本食を扱っている店を探すか、自分で食材を用意して日本食を作るかです。



日本食を扱う料理店は国によって数は違いますが、日本に馴染みのある韓国やアメリカには特に多く在ります。

料理店の店主も日本人であると尚更良いです。
日本人の好みの味を理解しているのは日本人だけだからです。

日本の食材を用意する店は日本料理店よりも少ないと考えられます。関税の影響で日本の食材を購入したとしても、日本で購入するよりも割高となり、云わば高級品のように見られます。
どちらの方法で懐かしい日本食を食べるのも自由ですが、留学に悪影響を及ぼさないように日本食は週に一度は食べましょう。